パンダは地球を救う

世界で食っていくアーティストに向けて

絵へ誘われる日々 その2【口で絵を描いてみた】

【SPONSORED LINK】

Life Drawingをしてみた

Life Drawingとは、人体のヌードデッサンのこと。

ヌードデッサンは
美しい人間のフォルムに加え、
感情や性格、雰囲気なども感じ取り、表現するため、
永遠のテーマといえる

と誰かが言っていました。

ヌードと聞くと抵抗があるかもしれませんが、
手や足など、衣服で覆われていなければ、それもヌードです。



でも、鏡や写真で見たヌードは違います。


実物で見たヌードを描く。


なぜなら、
止っている人間でも、

中では血が流れ、
呼吸をし、
細胞が蠢いていて、


さらに、その人の性格、醸し出す雰囲気

それらを生で捉え、感じ、表現することが


写真ではなく、絵である意味があるから


とも誰かが言っていて、
すごく共感しました。



そして父に

たくさん絵を描け

と言われたと同時に、
人を描くのはものすごくためになる

と言われました。


がしかし、近くに人を描ける場所をまだ見つけれていないため、


自分の手を描いてみました。


その日描いていった順にのせていきます。

Life Drawing1

1枚目ではどうやって手を描くかを考えていました。
形に囚われ、なのに全然形になってない。
絵に迫力もない。5枚描き終わって、僕個人的にはそう感じます。
えんぴつは丁寧に面白みなく動いていたと思います。

Life Drawing2

自分の左手を改めてみてみました。
程よく力が入ってるなー
そんな印象を受け、
余り形のこと考えず描きました。

そしたら、形を気にした時より形になっていてびっくりしました。

印象に残った血管等も描きました。
消しゴムは使ったと思う。

Life Drawing3

大きな手のひらだ
指のこの部分の筋肉に力が入っているね!みたいなことを考えていた気がします。

自分の右手を真剣に見ながら
鉛筆の動きも鋭く、形に囚われるような書き方でなくなっていたと思います。
そしてもうここからは消しゴムなんていらなく、
間違った線があってもいいから、
ただただ描いた。

Life Drawing4

力強いデカい手だ
じゃあグーで力強く描きたい
そう思いました

力強く描きたい
うわー、この筋、力入ってるなー
うわー、握ってるなー!しわ出てるじゃん!
(念のため言いますけど、自分の手です)

そんなことを思いながら、
ただ筋や力強い気持ちを描きました。

ゆっくり鉛筆を動かす時間なんてなかったと思います。
もうジャッ!ジャジャッ!
ジャカジャカジャカジャカ
ジャンケンポン!(グー)

って感じでした。

でも考えてみてください、
ジャンケンで相手がこの「グー」を出して来たらどう思います?

パーでも精一杯ですよね?

むしろパーなら負けそうですよね!?

そんなグーを描いたつもりです。

Life Drawing5

こうして描いていると、
どんどん邪念がなくなって、

純粋に思ったことを描けている気がして、
もう楽しくてしょうがありませんでした。


しかも驚くことに、
最後の3枚は、さっと、時間かけずに数分で描いていた。

そこでふと、


「技法」とかそういうのに捉われないようにするには、


そういうことができない左手で描けばいいんじゃないか
と思った。


これまで左手で絵を描いたことはほとんどないです。
(昔、なんか一人で描いてみたことある気はするけど。でもド下手だよねもちろん。)


左手と口で描いてみた

そこで右手を左手で描いてみた。

Life Drawing6

書き出して、
まっすぐな線一つまともに書けない。

でも、ただただ
大きな手を真剣に描いた。
そしたら紙をはみ出た。笑


でも真剣に書いた。
筋、筋肉、インパクト、そんなことを考えていたら、

終わってみたら、
手の形をしていた。左手で描いたのに

びっくりした。


そんな器用なタイプではないと思うのに。


じゃあ…

口でも描けるんじゃないか

そんなことを思った。

描いてみた。

えんぴつに全然力入らないし
もちろん線なんてちぢれ毛化するし
何より、
多分今僕がこれを描いている姿が画としてヤバい

ただ、真剣に右手を見て
腰と首を動かした
(絵を描いてると思えない表現)

でもやっぱり濃く力強く描きたいと思い、
奥歯で噛んで鉛筆を持って描いた。


すこし嗚咽した
あと鉛筆辿ってよだれもたれた
(水彩画となったと言え…ない)

南と西と東だった
(きたない、北ない、汚い)


でも無我夢中に書いた

描いている間は、もう手見て、超近視距離で絵を描いての繰り返し

だから
終わってびっくりした。



Life Drawing7


上手いのか
いい絵なのか


それは僕にはわからない


もしかしたらどううってことないのかもしれない



でも僕自身が思ったより
はるかに形になっていて、
描けていた気がする。

んで、何より、楽しかったです。(小学生)




日本で「絵を描いてるんだ」と言ったときの周りの反応

絵を描くことが好きなので、
よく「絵を描きます」と人に言う。

すると、まだ絵を見ていないのに

おお!

と言われます。

それもあって、「絵を描く」と言うのがなんか恥ずかしい

ぐらいの気持ちになります。

ここでいつも思います。

絵を描くということはとてもハードルの高いもののようになっている。
もしくは、
描く文化がないのではないか。

確かに日本の敷地だと、絵を飾ることは難しいし、
日常で、意識してみていない場合、
絵に触れていると感じる機会は少ないかも知れない。

幼稚園の頃に絵を描いたはず。


でもなぜか大人になったら絵は描かなくなった。


大人になるにつれて、他のすることが増えて


次第に「絵」というものに時間を取らなくなったのかもしれません。


確かに高校までのテニス
大学でのラクロス

に毎日励んでいた時期は書くことが減りました。


でも時折描きたくなって描いてました。

これは確かに、絵を描く人や
両親が広告関係ということは理由としてあるのかもしれません。


でも絵を見に行くのが好きな人は多いと思うし、
実際に絵を描いてみたら楽しいと思う。


でもやっぱり、
「絵は画家が描くもの」というような印象をもっているのかもしれませんね。


このブログを書こうと思ったのも、
それが理由の一つです。

描いててすごく楽しい

だからみんなにもいっぺん描いてみてほしい
左手や右手でも描けたし、
絵なんて上手いとか下手とかじゃなくていいんじゃないかな!あはは
的な



旅行の話や写真もいいけど
その人の絵で、その人の感じたことを見てみたい!
その人が人を書くとどうなるのか、見てみたい!

そんなことを思っております!


このブログに書いていることは一意見です。
そして僕は絵なんて習ったこともないし、
間違いだらけの考え方かもしれません。

でもやっぱいいなーと思って、
ブログを書いています。

今後も読んでくれる方は
僕の考え方の変化を

しゃあなし読んでくれている方は、
「なんかいってるよこいつ」
ぐらいで見てください。

やりたいことを本気でしたい人のサロン(メンバー募集)

 初月無料メルマガあり

f:id:ArtistODA:20170526124953j:plain



織田に気軽に相談!LINE@
 登録無料!画家旅情報や
 やりたいことで生きるための知識も発信中!

 f:id:ArtistODA:20170108103239p:plain


やりたいことを見つけて夢を叶えるメルマガ(無料)

f:id:ArtistODA:20170317082628j:plain

「やりたいことを見つけるメルマガ」申し込みフォーム
メールアドレス  *
トップページに戻る

f:id:ArtistODA:20161027125357j:plain 

f:id:ArtistODA:20161023003509p:plain