パンダは地球を救う

「世界で食える表現者」を当たり前にする芸術起業家

仕事を辞める理由、独立すべき5つの理由

【SPONSORED LINK】

1部上場企業の化学メーカーに勤めて3年のODAです!

今年の10−12月の間に会社を辞める予定です。

f:id:ArtistODA:20160821102221j:plain

少子高齢化人工知能の普及などが今後僕たちの環境を大きく変えますが、

その節々での変化への対応が求められますね!

 

ただ、プロスポーツと映画という産業が生まれたのも産業革命の後、

職がなくなればまた新しいが生まれると思うんです!^^

そんなことを踏まえながら、ODAが仕事を辞めて、独立する理由を書きますね!

 

 

仕事を辞める理由1:これから人はコミュニケーションとアートで価値を生むと思う!

2045年問題などで人工知能の脅威などが言われていますね!

 

参考記事はこちら

2045年問題 コンピューター・人工知能が人類を越えるとき | エコノーツエコノーツ

  

ただ、まだ世の中では人工知能の脅威が降りかかる実感ってあんまりないですよねー!

 

自動パンツ製造機を作れる製造機が、自動パンツ製造機を作って、

その自動パンツ製造機を作れる製造機が、また自動パンツ製造機を作る。

いや、早くパンツ作れよ!

 

とはならないですし、

上の例だと脅威でも胸囲でもなくウェストが重要ですが、

 

ただ、脅威をイメージして、それに向けて長い目で対策打っていく必要がありそうですね!^^

ちなみに今ODAが会社でやっているレベルの会計(学部も会計関連でなく、会社の管理会計程度)は今後人工知能がやることが多くなると予想しています!

 

仕事を辞める理由2:「好き」を仕事にするべき

上記に記載したように、10年後、20年後には仕事を奪うと言われております。

そんな中でも価値ある仕事をする際には「好き」が大事ですね!

 

僕のお世話になっている笑いヨガのリーダーであり、

笑いヨガとジブリッシュに命をかけている大久保さんは、

良質な笑い声を取るために実際に人に会い、くすぐって録音していました。

それも物凄い数なんですよ!!!

warai-souken.co.jp

 

好きなことは情熱が入るんですね!

すごく地道で人がやらないことも、好きだからこそアイディアが出ることを学びまθ!

 

「好き」で自分しかできない価値を作るのって、地球全体や歴史上から見ても素敵ですよね!

 

www.artistoda.com

 

そもそも支配されるんであれば、今のうちに好きなことして良さそうですよね!

ラッキー池田泉州銀行

 

仕事を辞める理由3:資本主義が継続するならば、自分で稼ぐ力も身につけるべき

 

特に日本は、今後真面目に働いても年金もらえなさそうですよね!

なので、仕事を継続するにせよ、

今の会社に頼らないででも自分で稼げる力はつける方が良さそうですよね!

 

おじいさんブロガー月収100万円とかも今後あり得るんでしょうね!

 

マッチョメン(まとめ)

先は予想はできないですが、

もしこれからテクノロジーの発展があって仕事がなくなっても、

また新たな職が生まれますね。

 

その時に対応できる人が生き残る、

そしてODA的考えでは、

その際の需要が「人間」や生き物であれば、人間ならではの能力である、

 

「感情」「芸術」「コミュニケーション」

 

が大事になるんじゃないかな、と思います!

これがあっているかはわかりませんが、

今後確実に世界を動かし、誰もに関係してくる人工知能などへの備えは

個々で考えていくのが大事ですね!^^

 

そんな考えやアイディアをシェアしあいながら、

人間同士で、人間にしか生めない価値を作って、

宇宙の解明やさらなる進化をみんなでしていきましょう!^^

 

問い合わせやODAの時給1000円なんでもします相談はコチラ

goo.gl

芸術家の「生き様」をフォロー

f:id:ArtistODA:20170804174237j:plain


表現者集団サロン「みんな表現者」(メンバー募集中!)

f:id:ArtistODA:20170526124953j:plain



ブログでは書かない織田のLINE@
 登録無料!オススメアプリや
 芸術で生きるための知恵も発信中!

 f:id:ArtistODA:20170108103239p:plain


やりたいことを見つけて夢を叶えるメルマガ(無料)

f:id:ArtistODA:20170317082628j:plain

「やりたいことを見つけるメルマガ」申し込みフォーム
メールアドレス  *
トップページに戻る

f:id:ArtistODA:20161027125357j:plain 

f:id:ArtistODA:20161023003509p:plain