パンダは地球を救う

やりたいことと芸術でゆるクリエイティブに仕事をする起業家

バルミューダ寺尾玄社長の起業ストーリーから学ぶ:全人類が欲しがるもの

【SPONSORED LINK】

f:id:ArtistODA:20180410011227p:plain

先日はスタートアップカフェ大阪でバルミューダの寺尾玄社長のイベントを企画、開催したよ!^^

 

「ミュージシャンを経て、ゼロ知識から、扇風機を作るために工場を回って起業」した寺尾玄社長のストーリーを聞き大ファンになりで、

織田の「タンス×スーツケース」の「タンスーツケース」の絵コンテをバルミューダさんにお送りしたことがあるほど!

 

▼タンスーツケースのエピソード(とThe Toasterのレビュー)はこちら

バルミューダのトースター「The Toaster」で家のパンがめっちゃ美味い! - パンダは地球を救う

 

(スーツケースは使ってないとき邪魔だからタンスがスーツケースになればいいという発想の商品「タンスーツケース」、でも織田自身作るほどの熱意はなかった)

f:id:ArtistODA:20180410003321p:plain

(2年前のメール)

f:id:ArtistODA:20180410002845p:plain

そんなバルミューダ寺尾玄社長の起業ストーリーと起業についての考えに関する講演をスタートアップカフェ大阪で実現できて、

その講演から学んだことをまとめたよ〜!

 

ちなみに織田の家はこんな感じ

 

 

全人類がターゲットとなる価値の考え方

 

実は全人類が欲しがっているものが「素晴らしい人生」

でもそれは人によって形が違うからこそ、

単純に「素晴らしい人生」はサービスに変えるのは難しいけど

その一要素であればサービスやプロダクトに落とし込めるかも!

 

バルミューダのトースターは「毎朝世界一のバタートーストを食べれる」という価値を提供

 

確かに毎朝「世界一のバタートースト」と「究極のチーズトースト」が食べれるのならば、2万円を超えるトースターでも安くないのかも?と思った!

 

そういった「素晴らしい人生」の一要素を「体験」の価値として提供している!

起業をする上で大事なのは「圧倒的熱意」と「自分を信じる力」

 

寺尾社長は全くの無知識から

  1. そよ風がでる扇風機を作るために町の工場を片っ端から回って
  2. 1から工場で教えてもらい、自分で製造をして
  3. アメトーーークの家電芸人さんの出待ちをして声をかけて
  4. 使用してもらって話題を呼び
  5. ヒット商品のバルミューダの扇風機を世に広めた!

 

やばいよね!織田も頑張る!

常に「現場の原理原則」を大事にする

f:id:ArtistODA:20170622185352p:plain

寺尾社長が工場を回る中で学んだのが、「現場を大事にする」こと

いくらCADやパソコン上のシミュレーションで可能だと思っても

現場/現実の原理原則は「やってみないとわからない」

答えも常に現場にある

 

「常に実際に現場に行き自分の手を動かす」

これがゆえに寺尾玄社長は100名の社員を抱える今でも

開発責任者として設計図や開発に関しては負けないと言い張れる

「やりたい」だけではなく、「相手のメリットに変換する」

 

その後経営で苦しい時期が続いた際にできたのがThe Toaster。

 

その時の学びとして「やりたい!」という熱意を相手に押し付けるのではなく、

自分の「やりたい」を相手にとっての「課題解決」「メリット」に変えることが大事ということを学び、扇風機に続いてヒット商品を出した。

 

これは起業だけの止まらず、企画書作りや営業の時も「これをしたい!」ではなくて「相手が一番喜ぶのは何か?」という目で企画も立てないといけない!

 

うまくいってない間は「まだ我々は素晴らしい価値を提供できていない」だけ

f:id:ArtistODA:20180410011439j:plain

うまくいってない時というには「なんでわかってもらえないんだ」「何がいけないんだ」と思ってしまうことも多いけど

寺尾社長がいうにはただただ「まだ素晴らしい価値を提供できていない」だけ!

 

それが

  • 価値を全員が満足してもらうレベルにできていない
  • 相手にとってのメリットになっていない
  • 価値がそもそも届いていない
  • 価値が届いてはいるけど、理解してもらえていない

のいずれにせよ「素晴らしい価値を提供」できていないに入る、

時間的にも体力的にも制約がある中で、いかに素晴らしい価値を提供

できるか!

 

▼起業をする上での体力:「赤字垂れ流せる力」についてはこちら

www.artistoda.com

 

「起業家は革命家である」

寺尾社長が目指しているのは「世界一世界中の人を笑わせられる会社」

家電はそのための手段にすぎないし

TechCrunchの時にも思ったけど、

「一流起業家は世界を変えたい革命家」

 

そして革命家は周りの声ではなく

自分の声を信じれる人であり

自分を信じ続けるための「原体験」がある

 

www.artistoda.com

 

ちなみに最新のバルミューダの製品はこちら!

オーブンレンジで、必要最小限のボタン数、

さらに、開始と終了の際の音がギター音

(寺尾社長は起業前は事務所とも契約したほどのミュージシャン)

 

旅は原体験を作れる

(大学卒業前の南米バックパック旅、ボリビアでの写真)

f:id:ArtistODA:20170812100730j:plain

 

寺尾社長がゼロから家電を作り、自分を信じ続けられたのは

高校生の時に行ったスペイン一人旅の原体験から!

 

一流起業家で、バックパッカー経験者や旅で原体験を得た人はすごく多い!

 

織田自身も

様々な場所に旅に出る中で

今の「みんな表現者」や今の活動に繋がっている!

 

バルミューダ寺尾社長講演から学んだ起業哲学まとめ

f:id:ArtistODA:20180410011227p:plain 

  1.  世界全員が欲しがるものは「素晴らしい人生」
  2. それにつながる「圧倒的な価値」を提供できれば価値
  3. 人の話ではなく、自分を信じ、自分で決断する
  4. 旅は原体験を与えてくれる
  5. 常に現場を大事にする

 

寺尾社長の人生を記した自伝本はこちら!

 

 

 

 

織田と一緒にアートで革命を起こしたい人はこちら!

f:id:ArtistODA:20180410012844p:plain

 

織田のチル会に参加したい人はこちら

f:id:ArtistODA:20170108103239p:plain

 

無料で何度でも!スタートアップカフェ大阪で起業相談はこちら

startupcafe-ku.osaka

 

織田を支援する

f:id:ArtistODA:20180521011412p:plain


表現者サロン「みんな表現者」(メンバー募集中!)

f:id:ArtistODA:20170526124953j:plain



ブログでは書かない織田のLINE@
 登録無料!オススメアプリや
 芸術で生きるための知恵も発信中!

f:id:ArtistODA:20180521011405p:plain


やりたいことを見つけて夢を叶えるメルマガ(3日間無料)

f:id:ArtistODA:20180521011415p:plain

f:id:ArtistODA:20180521003925p:plain

f:id:ArtistODA:20180521003901p:plain