読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンダは地球を救う

「価値を届ける」に特化した既婚の文系大卒画家ブログ

クラウドファンディングの隠れたメリット7つ!資金調達はただの一部

【SPONSORED LINK】

 f:id:ArtistODA:20170425125824j:image

クラウドファンディングで72万円のご支援をいただいてオーストラリア画家旅に行ってきたんだけど、クラウドファンディングをして得られる一番のメリットは「成長」だと思うんだ!

 

これはやらないとなかなかわからないと思うからこそ

みなさんにもぜひチャレンジして欲しくて

 

そういったクラウドファンディングの隠れたメリットを紹介するね!

 

・関連記事:オーストラリア画家旅についてはこちら

 

 

クラファンのメリット1:活動資金が得られる

 

#画家旅 #画家 #japanese #artistoda #painter #パステル #クレヨン #パステル画 #世界の絶景 #ファインダー越しの私の世界 #オーストラリア #australia #byronbay #artsfactory #traveler #picture #写真 #waves

 

まずクラウドファンディングをする上で一番わかりやすい理由!

自分の叶えたい夢のために支援をもらえるという点については言うまでもないよね! 

 

クラファンのメリット2:信用残高を証明できる実績になる

 f:id:ArtistODA:20170425130056j:image

 

二つ目のも思いつくことだよね!

クラウドファンディングで資金調達をしたと言うのはそれだけでその人の信頼度の証明になると思うんだ!

 

そして信用レベルだけじゃなくて、行動力一連のプロジェクトを運営できるという証明にもなるよ!

オーストラリアでも「クラウドファンディングで来た」と言うだけで相手の目の色が変わることがすごく多かったよ!

 

 

クラファンのメリット3:応援者、共犯者、お客様

 f:id:ArtistODA:20170425130134j:image

 

クラウドファンディングのすごいところは、プロジェクト遂行前にお客さんがついてくれるということ!

無駄な商品開発やリスクをしなくていいのという点だね!^^

 

そして実は「お客さん」というのも少し語弊があって、

実際には一緒にプロジェクトに協力してくれた人の方が表現としてあっていて

キングコング西野さんがよく使う「共犯者」という言葉はすごくしっくりくる!

 

共犯者はお客さんよりその商品やプロジェクトに思い入れもあるし、

だからこそプロジェクトを遂行する人はその想いにも応える意識を持たないといけない反面、すごく心強い味方ができると思うんだ!^^

 

クラファンのメリット4:自我を省いてプロジェクトを実行できる

 f:id:ArtistODA:20170425130911j:image

 

そしてここからがクラウドファンディングでの最大のメリット!

それは届ける相手を常に意識するということ!

 

織田のオーストラリア画家旅も、

もし自分の資金だけで行ってたら、

自分のために絵を学んで、自分のために楽しんで帰ってきてたと思う、

 

でもこうして70名の方から支援をいただいたことによって

その方々の顔を常に思い浮かべて行動ができた

その方々に価値を届けることを常に意識してきたよ!

 

Volcano and the waves!パステルだと数時間かかったA2の絵を20分で完成!#mtfuji #富士山#ライブペイント #spraypaint #livepainting #melbourne #swanstonstreet #japanese #画家 #画家旅 #バスキング #painter #mountfuji #waves

 

絵でもブログでもなんでもだけど

自分がよければいいわけでなく、

「価値は届けないと意味がない」と思うから

その学びを得るにはすごくいいサービスだと思うんだ! 

 

クラファンのメリット5:驕らずに「感謝」を忘れない

 f:id:ArtistODA:20170425130612j:image

 

あとはその方々に「届ける」ことを意識するとともに

「自分が天才 」みたいな偏った驕りもなくなるのが

クラウドファンディングのすごいところ!

 

万に一でもそんな驕り高ぶった人が成功したとしても

その後きっとその人はまたクラウドファンディングをしても資金を集めることはできなくなると思うんだ!

 

そういった「みんなのおかげで自分がある」

という感謝の気持ちに気づかせてもらえるのも

クラウドファンディングの素晴らしいところだと思うんだ!^^

 

クラファンのメリット6:リターンで自分の価値を再確認、整理できる

 f:id:ArtistODA:20170425130821j:image

 

クラウドファンディングはいわば自分の人生の中での「お祭り」

 

あれやこれやと

作り方から届け方、行う内容まで練りに練って行う

一大プロジェクトであり、お祭りで、

 

そのためには自分の現状をしっかり見つめ直して

分析しなおす必要があるんだ!

 

特に「リターン」に関しては

自分の今ある価値

クラファンの際に気づかされた価値

その届け方やその魅力度もわかるし

 

さらには今自分にない価値がわかる、

 

そういった自分の現状と夢との距離を

再確認できるツールでもあるんだ!^^

 

クラファンのメリット7:下座業的な泥臭さも学べる

 f:id:ArtistODA:20170425130645j:image

 

そしてLast but not leastなのがこの下座業!

リターンの発送の9割を終えた織田が気づいたこととしては

リターンの発送というのはすごく大変!

 

ただ、それは当然のことで、

対価をいただいているリターンとして

 

情報やものや時間の何かしらを提供する必要があって、

しかもそれを何十、何百、何千人に提供するわけだもんね!

 

西野さんに関しては何千冊も絵本にサインをして

ゆうパックに入れる作業、、、

やばいよね!笑

 

Packing my artwork!A2 × 5A3 × 4A5 × 5オーストラリア旅後の絵の梱包!ダンボールシートまじでめっちゃ(略してまっちゃ)便利!!!#抹茶 #artist #artistoda #japanese #artwork #crowdfunding #return #クラウドファンディング #絵 #画家

 

でもそういった地道な作業 が

その方々一人一人を意識させてくれるし、

それが「感謝」にかわって、

「実るほどこうべを垂れる稲穂」であれると思うんだ!^^

 

人間は歴史的にも

 

地位が上がれば下の人の気持ちがわからなくなり、

階級が上がればミラーニューロンが衰え

人の数が多ければ「統計」的に人の命を扱うことから

 

こういった「下座業」(地道な、驕りをなくす業) は実はすごく大事だと思うんだ! 

偉大なリーダーこそ、力や権威だけでなく、情でも人に認められるはずだと思うしね!^^

 

まず自分が支援をしてみよう!

 f:id:ArtistODA:20170425131635j:image

 

そんな魅力あふれるクラウドファンディング!

いざやろう!と言う前にまず実際に支援をしてみるのがいいよ

 

自分がお客さんになれば、自分が実際にクラウドファンディングのプロジェクトをする際に見えてくるものはたくさんあるからね!

 

ちなみに織田はこれまで10件の支援をしているけど、

これからも応援したいものがあればサクサク支援するよ!

(最近プロジェクトが多くて、見逃しているものとかもあるけど、、、笑)

  

勇気を出してクラウドファンディングをしてみよう!

 f:id:ArtistODA:20170425131717j:image

 

これまで4件の添削依頼が来てて、

どれも今のところ成功してるよ!^^

(織田が添削すれば成功するというわけでなく、その方々の努力の賜物です)

 

なので、これからクラウドファンディングに挑戦したい人はいつでも気軽に

LNE@などからメッセージください!^^

 

・関連記事:他のクラウドファンディングに関する記事はこちら!

 

 

 

 

やりたいことを見つけて夢を叶えるメルマガ(無料)

f:id:ArtistODA:20170317082628j:plain

「やりたいことを見つけるメルマガ」申し込みフォーム
メールアドレス  *

LINE@で画家旅情報配信中!
 登録無料!画家旅情報や
 やりたいことで生きるための知識も発信中!

 f:id:ArtistODA:20170108103239p:plain


オーストラリア画家旅秘密のFacebookページ!

 「好きなことだけして生きていく」ために必要な

 ・活動1年で30万円の絵を提供した戦略
 ・活動の計画/日々の日課・収支報告
 ・画家旅中の動画・画像・音声
 ・価値の伝え方・導線の作り方
 ・便利なサービスや知識

  ・織田の持つ情報網からの情報のシェア
月々コーヒー1杯分の値段で毎日更新!

 f:id:ArtistODA:20170112124540j:plain

 月々コーヒー1杯分の値段で購読できるよ!^^


トップページに戻る

f:id:ArtistODA:20161027125357j:plain 

f:id:ArtistODA:20161023003509p:plain