パンダは地球を救う

世界で食っていくアーティストに向けて

ペットロスを乗り越えるには

【SPONSORED LINK】

f:id:ArtistODA:20161101224810j:plain

生まれた時から一時たりとも愛犬といない時間はなかった愛犬画家の筆者も、

弟であり愛犬だったゼアスくんを亡くした時のペットロスの気持ちは計り知れなかったんだ。


そういった、ペットロスの悲しみや苦しみの乗り越え方や考え方を幾つか書くね!


人によって乗り越え方は様々、

自分のした経験をもとに、一つでも皆さんに当てはまり、

皆さんがまた前向きに生きれるようになるための参考やきっかけとなればと思います!

ペットロスの際に起きうる症状

ペットロスをした際、精神が弱ってしまっていろんな症状が起きるんだ。

 

・眠れない

・食べれない

・元気が湧かない

・何もやる気が起きない

・喪失感

・誰とも会いたくない

・出かけたくない

 

そこから頭痛や下痢などを起こしたりする場合もあるんだって。

 

その他にも、個人差はあるけど、それほどやはりペットを亡くすというのは大きいことなんだよね。

 

ペットロスは異常なことではない

とても大事なのが、まず「ペットロス」は正常な反応だということを知るのが良いと思うんだ!

世の中では、ペットを飼っていない人からすると、ペットロスの気持ちはわからないかもしれない。

 

それもそのはず、恋人がいなければ恋人をなくす気持ちはわからないし、友人がいなければ友人をなくす痛みもわからないもんね!

 

それを踏まえて、ペットロスの際にお勧めする行動を幾つか載せるね!

 

ペットロスについて家族や友人と話す

こういった大きなショックを受けた際、人は勝手にロジックを構築し、あまり良くない方向に考えを深掘りすることがあるんだ。

 

だから一人で抱え込むことより、誰かに相談することをまずお勧めするよ!

一緒に想いを共有することで、気持ちの整理もつけやすいよ!


ペットロスを経て、自分の思いを全て整理する

f:id:ArtistODA:20160920225951p:plain

人に話した後は、やっぱりでも一人の時間も必要だよね!

人といるのが辛いとすら思ってしまうから、

人と会って、一人で考えるバランスが大事だと思うんだ。

 

特に筆者の場合は、人間とペットの違いを考え尽くすことが多かったかも!

 

純粋で大好きなゼアスくんがなんで人間じゃないのか、

なんで寿命が自分より短いのか、

 

人間と違うからこそ悲しみは大きかった気がする!

 

ペットロスを経て、後悔を考え尽くす

他にも、

果たして自分の元に来て本当に幸せだったのかな?

とか

あの時あんなことしなければよかったな

なんで寿命が僕と違うんだろう、

なんであんなに純粋で最高なやつなのに、人間じゃないんだろう、

 

自由に家から出られないし、彼にとって家族はすごい大事、

だからこそいつも家でお留守番の時は、本当に寂しかったんだと思う

 

などの、公開を全部考え尽くすのも良いことだと思う!

 

ポジティブで有名なODAですら、これぐらいのことを考えてしまったんだ!

 

その反面、幸せだったことを徹底的に考え尽くすのもいいね!

とにかく、この機に自分の気持ちを徹底的に整理するのが良いと思うんだ!


ペットロスを経て、後悔を生きる糧にする

こうして後悔を出し尽くすことで、

実は自分の今後の人生の糧になると思うんだ。

 

愛犬にして後悔したこととか、

愛犬にしてあげればよかったこと

 

そういったことを考え尽くすことで、

今後他の人にその反省を活かす人間になれるし、

自分の人生でも大きな糧となると思うんだ! 

  

ペットの「生きている」の定義を変える

f:id:ArtistODA:20160920230004j:plain

ただ、こうして考えに考えても、

大きいショックから立ち直るには、時間が必要だったり、

考え方そのものを変えたりする必要があると思うんだ。

 

そして、「生きている」の定義自体を変えることもまた、

ペットロスの辛さを乗り越える方法だと思うんだ!

 

ペットロスを経て死について考える

死ぬってどういうことなのかな?って考えると、

自分の意識としての死と、

他人からの目としての死があると思うんだ!

 

そして、自分の意識としての死は、

自分しかわからないし、

自分が死んだらどうなるかわからないから、

そういう意味では、自分自身も自分の死を知りえないよね。

 

その反面、自分以外の死というのは、

周りの人が「死」と認識したかどうかによって死なのかどうかが決まる側面もあると思うんだ!

 

少し意味わからんっていう人もいるかもしれないけど、

正直言うと筆者はこういった考えで、

ペットロスを乗り越えたんだ!

 

そして、それが今の愛犬画家としてやっていく上で、

すごく強みになっているんだ!

 

愛犬が何世代も生きるように

 人間は家系図があって、

ひいおじいちゃんとかに関しても名前が覚えていたりするけど、

愛犬って、同じ家族なのに、

 

ひいおじいちゃんの犬とかって案外知らないよね。

 

やっぱり、人間は人間の世界を生きていると思うんだ。

そういう意味だと、江戸の将軍の綱吉の

動物を大切にする「生類憐みの令」ってすごく文化度の高い思想だと思うんだ!

 

でも、やっぱり、家族だから、

人間と同じように、ずっと覚えられて、

何世代も生きて欲しいと思うんだ! 

 

と同時に、自分の親が転勤が多かった中で心の支えになってくれていたゼアスくんへの感謝の気持ちと、

こうした思いを持った人が一人でも多く救われるようにと、

 

現在「愛犬専用画家」をやれてると思うんだ!

 

愛犬を絵にして、額に入れて、一生残す

f:id:ArtistODA:20160831125226j:plain

絵にすることで、

そして額に入れることで、

プリントアウトをしない写真データよりもずっと残る

そうして残ることで、

何世代も先の孫やひ孫も愛犬のことを覚えてくれる。


愛犬はずっと人々の心の中で生き続けると思うんだ。

 


だからこそ、魂を込めて絵を描きます。

 


もし、ODAに愛犬の絵を描いて欲しい!という方は、

気軽にこちらでご相談ください^^

LINE@が気軽で使いやすいと思う!

 

ODAのLINE@はこちら(スマホから) 

友だち追加

 

PCからは、これを表示してからスマホQRをスキャンしてね!(結局スマホから)

 

 

お知らせコーナー

クラウドファンディング開催中!ご支援をお願いします!

www.artistoda.com

 

◆101匹ワンちゃん計画しています!依頼はこちらからどうぞ!^^

www.artistoda.com

 

やりたいことを本気でしたい人のサロン(メンバー募集)

 初月無料メルマガあり

f:id:ArtistODA:20170526124953j:plain



織田に気軽に相談!LINE@
 登録無料!画家旅情報や
 やりたいことで生きるための知識も発信中!

 f:id:ArtistODA:20170108103239p:plain


やりたいことを見つけて夢を叶えるメルマガ(無料)

f:id:ArtistODA:20170317082628j:plain

「やりたいことを見つけるメルマガ」申し込みフォーム
メールアドレス  *
トップページに戻る

f:id:ArtistODA:20161027125357j:plain 

f:id:ArtistODA:20161023003509p:plain