パンダは地球を救う

「世界で食える表現者」を当たり前にする芸術起業家

ペットロスで仕事を休むべきか

【SPONSORED LINK】

愛犬画家をしていると、多くの方からペットを失う悲しみと、

ペットや愛犬への感謝の気持ちに触れることが多いんだ!

 

愛する家族であるペットを亡くす悲しみは、とても深いものだよね。

 

そこで頂いた質問のひとつに、

「ペットロスで仕事を休むべき?」という質問があったんだ!

 

自分も弟のゼアスくんが亡くなった時の経験があるから、 

そこで話した内容も踏まえ、

ペットロスで会社を休むべきかどうかについて書かせてもらうね。

 

ペットロスで会社は休んでもいい

 ペットロスはペットがいない人にはわかりづらいかもしれないけど、

とてもつらいものだよねー

 

人間とペットとでは、

同じ命なのに、寿命が違ったり、

置かれている社会や環境が違ったりするからこそ、

 

純粋な気持ちを持つペットの死はより苦しく、悲しいものに感じて、ショックが大きいんだ。

 

そんな時は体調不良などでもいいから、無理して会社に出ず、会社を休むのが一番良いと思う!

無理して出ても、結局上の空になってたら、

会社に行く意味はあまりないと思うんだ。

 

会社を休めるような状態を作っておこう 

会社によっては、こんな簡単には休めない!というところも多いと思う。

でも、1日でも自分の頭の整理をしないと、結局会社に行っても上の空の時間が続くだけ。

 

それならば思い切って休む、

 

ペットが家にいる人はそういうことも踏まえながら、

常日頃から会社を休めるように、

会社に恩や借りを作っておくというのが理想的だね!

 

ペットロスの際にはまずは会社でペットを飼っている人に相談しよ

もちろん最初は家族に相談したりがいいね!

その後には、会社でペットを飼っている人(できれば先輩や上司)に相談するのがいいよ!

 

今の日本はまだ人間の家族という狭い視点でしか冠婚葬祭が認められない風潮が多いけど、

 

実際、地球規模で考えると犬だろうと猫だろうと家族は家族。

 

でも、そういったことをわかってくれる上司もいるはず!

そんな時のために、事前にペットを飼っている上司などについて調べておくというのも事前準備として大事だね!

 

 

ペットロスに対する理解は人それぞれ

ここが最も難しいところだけど、ペットロスに対する考えは人それぞれ。

 

「たかがペット」と考える人も少なくはないはず。

だからこそ、事前の準備が大事だと思うんだ!

 

なので、今ペットロスをじかに体感している人は、

現段階で、理解を得られそうな友人や上司などに相談してみるのが良いと思うんだ。

 

ペットロスの乗り越え方

ペットロスの乗り越え方についても記事と書いたよ!

同じ気持ちを持った人にとっての参考になればと思います。

 

www.artistoda.com

 

 

 

もし、ODAに愛犬の絵を描いて欲しい!という方は、

気軽にこちらでご相談ください^^

LINE@が気軽で使いやすいと思う!

 

ODAのLINE@はこちら(スマホから) 

友だち追加

 

PCからは、これを表示してからスマホQRをスキャンしてね!(結局スマホから)

 

ペットロスや愛犬の死を乗り越えるために、画家としてできること

www.artistoda.com

 

 

芸術家の「生き様」をフォロー

f:id:ArtistODA:20170804174237j:plain


表現者集団サロン「みんな表現者」(メンバー募集中!)

f:id:ArtistODA:20170526124953j:plain



ブログでは書かない織田のLINE@
 登録無料!オススメアプリや
 芸術で生きるための知恵も発信中!

 f:id:ArtistODA:20170108103239p:plain


やりたいことを見つけて夢を叶えるメルマガ(無料)

f:id:ArtistODA:20170317082628j:plain

「やりたいことを見つけるメルマガ」申し込みフォーム
メールアドレス  *
トップページに戻る

f:id:ArtistODA:20161027125357j:plain 

f:id:ArtistODA:20161023003509p:plain