パンダは地球を救う

「世界で食える表現者」を当たり前にする芸術起業家

人工知能にアートで対抗できるか?人間ならではの「無駄」の価値

【SPONSORED LINK】

 

f:id:ArtistODA:20171027092430j:plain

画家であり、起業相談員をしてる織田(@artist_oda)だよー!

 

今後人工知能が台頭した時に、人間はアートで価値を見出せると考えててその理由をここでは描くよ!

 

▼ホリエモン著書「99%の会社はいらない」

 

 

人工知能は当分無駄なことはしない

f:id:ArtistODA:20170531124458j:plain

人工知能にできないことの一つとして、"無駄"があるね!

正確には、できないというより、させないというのが正しいかも!

 

基本的に、人工知能に計算させたり、指示を与えたりするのは今の所人間(シンギュラリティという、人間を超越したときは別)で、何か求められてるものをするために人工知能に計算させたり、問題を解決させたりするよね!

 

人工知能を動かすのは人だから、無駄なことをさせない限りは人工知能は無駄なことはしない、

 

つまり人間の"無駄"には価値が出てくる可能性があるよね!

 

無駄なことを極めたらアートになる

f:id:ArtistODA:20171027103121j:plain

例えば、パンツを何重にも何重にも被せて、

パンツがはちきれないように、いかに丁寧にかぶせるかを探求しまくって、1メートルの物体を作っても

 

世間でいうと無駄だけど、それはアートになる!

 

 

その熱量や想い、

他の人にはできない発想と実行を他人にはできない領域までそれを突き詰めたら、人はそのストーリーに感動して、アートになる!

 

しかもこういった無駄な選択肢なんて、無限に出てくるよね!

 

つまり、まず人工知能には無駄をさせないだけじゃなく、

無駄なもの全部やらせるのも無理があるから、人がまだ人工知能が手をつけてない(つけさせてない)無駄を熱量もててできれば、

人工知能にはできない、人ならではの価値が生まれる

と思うんだー!

 

"正解が一番おもろないねん"明石家さんま

 

人工知能が台頭しても人のアートを見たい

 

飛行機や車が100キロとか数百キロというスピードを出してるのに

 

スタジアムが満員になるぐらいウサインボルトを生で見にくる人が多いし、

数億人という人がテレビでそれを見る

 

これは、やっぱり"人間なのにそんなに早い"という

前提条件→結果 の"伸び率"に人は心を動かされる証拠だよねー!

 

つまり、アートに関しても、

◯◯なのに◯◯

という伸び率の高さが人工知能にはできない部分として残ると思うんだ!

 

アート作品は「ストーリーを売ってる」から人工知能にはできない

f:id:ArtistODA:20170531124303j:plain

アート作品をこれまでたくさん売った織田の経験からも、人がアート作品を買うときはモノではなくストーリーを買うと思うんだ!

 

デュシャンの便器はその典型で、

デュシャンという人は、トイレの便器にサインをしただけで、それが何億という価値がついた

 

ピカソの同じ!

 

 

それは、便器というものに価値があるんじゃなくて、

「デュシャンという偉大な人がサインをした、しかも便器に」

というストーリーに価値がある

 

寝ないでいい人工知能と、寝ないといけない人間と、アート

 

さっきのパンツの例だと、

  • 寝ないでもいい人工知能がパンツを何枚も重ねるのと
  • 人間が寝る間を惜しんでパンツを重ねるのとでは、

もはや同じパンツ玉が出来上がってもモノが違う

 

逆に人工知能にパンツをかぶせるのであれば、

労力をはたいて

  1. まずパンツの形を読み取らせて
  2. どう被せたら枚数を多く被せられるかを機械学習させて
  3. パンツを被せるように動くロボット部分を開発して
  4. そのロボットにパンツ学習を組み込み、
  5. 電力を膨大に消費して稼働させる

 

ことをさせたその人が創ったアートであって、人工知能に人間が負ける構図はまだ出来上がらないと思うんだ!

 

この逸話を「お金」という側面から解説してる本、おすすめだよ!

▼なぜゴッホは貧乏でピカソは金持ちだったのか?

 

 

人工知能はすごいから伸び率は低い

f:id:ArtistODA:20170531132057j:plain

人はストーリーに心動かされて、ストーリーを買う、

そのストーリーとは何か考えると、

やはり

 

◯◯なのに◯◯という「伸び率」の部分!

 

映画の製作やマーケティングには、「ストーリーテリング」という手法があって、簡単に言うと、「受け手の心を揺さぶるテクニック」なんだけど、

そこでは

  1. 平凡な日々→
  2. 小さな挫折↓と気づき↑
  3. 助言
  4. 冒険↑
  5. 試練↓
  6. 挫折↓
  7. 賢者による助言→
  8. 鍛錬、課題克服↑
  9. 最大の試練 ↓
  10. 勝利/克服↑

という形で、ストーリー展開が上下を繰り返す!

つまり、◯◯なのに◯◯を繰り返してるだけだけど、人は要はそこに共感や感動を覚えるんだ!

 

ちなみにハリウッド映画のほとんどがこの型にはまっているよ!

 

 

▼伸び率に関しては西野さんの魔法のコンパスに書いてあるよ!

 

 

人工知能は正解を探す、アートは正解を変える

f:id:ArtistODA:20170810174355j:plain

(ピカソの絵と織田)
 

最後に、「アート」の持つ最も偉大なところは

「正解」すら変えてしまうことだと思うんだ!

 

上の例でも挙げたように、

ピカソの例

写真技術が発達して、これまで「上手に描くこと」が正解だったのに、それ以降は「いかに斬新な「見方」を提示するかが正解となり、ピカソのキュビズムが流行る

 

デュデャンの例

「モノ」ではなく「デュシャンがサインした」ということに価値があるという「正解」を変えた

 

アンディ・ウォーホルの例

 

こういったアートの「文脈」「見方」を教えてくれる ビートたけしさんと村上隆さんの「アート」をテーマにした対談本!

▼ツーアート

 

人工知能にアートで対抗できるのか?まとめ

f:id:ArtistODA:20170729233107j:plain

 

織田は人工知能がくる世の中を歓迎してるんだ!未来が予想できないのは変わらないし、陰陽どちらに触れるかなんてわからない

そこで織田はワクワクする方を描くし、

 

上にも書いたように

  • 人ならではのストーリー
  • 無駄
  • 温かさ(今回の記事には書いてない)
  • 本気の遊び

に関してはまだまだ人工知能の世界や資本主義の世界では生み出せない、人間の一番最強な部分だと思うんだ!

 

みんなも一緒に「本気の遊び」を一緒にしよう!^^

 

織田はそんな世界を目指してるからクラウドファンディングにも挑戦してるし、オンラインサロン「みんな表現者」を運営しているよ!^^

 

是非一緒に遊ぼう!

 

▼オンラインサロン「みんな表現者」のお試しもリターンにある、メンバーで挑むアートフェスクラウドファンディング

表現者8人でクラファン!別府お祭りにアーティストチームで乗り込みたい!エンタメ! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

▼織田のオンラインサロンについて詳しく知りたい人はこちら

織田が運営してるサロン「みんな表現者」が目指している世界 - パンダは地球を救う

 

織田のLINE@にも登録してね!

f:id:ArtistODA:20170108103239p:plain

 

芸術家の「生き様」をフォロー

f:id:ArtistODA:20170804174237j:plain


表現者集団サロン「みんな表現者」(メンバー募集中!)

f:id:ArtistODA:20170526124953j:plain



ブログでは書かない織田のLINE@
 登録無料!オススメアプリや
 芸術で生きるための知恵も発信中!

 f:id:ArtistODA:20170108103239p:plain


やりたいことを見つけて夢を叶えるメルマガ(無料)

f:id:ArtistODA:20170317082628j:plain

「やりたいことを見つけるメルマガ」申し込みフォーム
メールアドレス  *
トップページに戻る

f:id:ArtistODA:20161027125357j:plain 

f:id:ArtistODA:20161023003509p:plain